税理士の独占業務

税理士には、「独占業務」という税理士にしかできない仕事があります。
税理士の独占業務は、3つあります。
1つ目は、「税務代理」。
個人事業主や、会社経営者など納税者に代わって、税金の申告をおこないます。
申告したあと、税務署と連絡を取り合ったりするのも税理士の仕事です。
税務調査の立ち会いも、おこなうことができます。
2つ目は、「税務書類の作成」。
税務署に提出する税金に関する書類(申告書や請求書、あるいは不服申し立て書など)の作成をします。
年間を通しての仕事としては、確定申告書の作成、毎月の仕事では、伝票整理や給与計算などもおこないます。
3つ目は、「税務相談」。
あらゆる税金に関して相談にのります。
確定申告の時期に、税金の払いすぎや節税についてアドバイスができます。
また、遺産相続に関しては、税理士の他に弁護士、司法書士などもできるのですが、相続税の申告は税理士の仕事となっています。
税理士の活躍の場としてよく知られているのが、確定申告の時期ですよね。
確定申告というのは、自営業や年金生活をしている人がその年の収入や経費を計算して申告をおこなうことです。