弁護士でも就職難

いとこが司法試験に合格して親戚中大盛り上がりです!
自分とは年齢が10以上も下なので、もはや甥っ子的な感覚なのですが、いとこの合格はとっても嬉しいです!
でも話を聞くと司法試験に合格したからといってすぐに弁護士にはなれないそうで、司法修習生として何年か(?)勉強して、最後にもう一回試験を受けて合格すると弁護士になれるそうです。
さすが超難関の試験だけあって、ものすごく大変そうです…。
しかも、晴れて弁護士になってもお勤めする会社に入るのもまた難しいそうで、ある意味「就職難」なんだとか。
司法試験の合格時の順位が就職にも関係するらしく、大きな弁護士事務所だと上位合格者でないと入れなかったりするそうです。
あと、ちょっと面白かったのは「早く彼女が欲しい」と言ってました(笑)
確かに勉強漬けの毎日だったと思うので、そりゃ欲しいですよね…。
でも弁護士になったのだから、それに身内のひいき目かもしれませんがそこそこなイケメンなのできっと大丈夫でしょう!
はやくいとこが弁護士としてバリバリ働く姿を見たいです。
さて、うちの息子も刺激を受けて勉強頑張ってもらいたいところですけど(笑)

留学の第2目的地へやってきました

今回の留学のもう一つの目的は、有名なスキーリゾートに住むことです。
シーズンには、世界中から観光客がやってきます。
ふもとのビレッジにはレストランやホテル、カフェなどがあり、そこで働くこともできるのです。
私は、とあるカフェとレストランで働くことにしました。
すぐに採用してもらえて、本当にラッキーです。
働いている証明書があれば、スキー場の年間パスが安く買えるので、それもあって早く働きたかったのです。
ビレッジはとっても綺麗で、色々な国の人がいて、とても面白いです。
留学する前は、まさか自分がこんなところに住むとは思ってもいませんでした。
でも、やってみれば何でもできるもんですね。
最近、これから留学したいという子から相談を受けることが多いです。
結婚したりすると、なかなか留学が難しくなりますので、今のうちにやってみたいという子が多いんですよね。
私は、やってみたいなら、どんどんチャンレジしたらいいと思います。
もしも合わないなと思ったら、帰国するのもありですし、もしかしたらそのまま住むことになるかもしれません。
私も、期間満了まで思いっきり楽しみたいと思います。